動物の病気予防とアドバイス

柴田動物病院

柴田動物病院 SITEMAP

〒918-8204 福井市南四ツ居1-10-4 Tel. 0776-52-1122


動物の病気予防とアドバイス

犬の病気予防犬の病気予防

犬の病気予防
猫の病気予防
fmTop

狂犬病予防接種

狂犬病は、犬だけでなく咬まれた人にも感染する動物由来感染症(人獣共通感染症)です。
感染するとほぼ100%死亡します。

発生を防ぐため、毎年の予防接種が法律で義務づけられています。

cat

混合ワクチン

ワクチンを接種してあらかじめ免疫をつけることにより伝染病を予防します。
生まれた年は2〜3回、以後は年1回の追加接種を行いましょう。

当院ではジステンパー・パルボ・伝染症肝炎・レプトスピラなどに対応した
8種混合ワクチンを推奨しています。

Expand / Collapse all
  1. ジステンバー
    • 急性熱性のウィルス性疾患で、呼吸器、消化器、神経系などを冒す死亡率の高い病気です。3〜6ヶ月の仔犬に多く見られ、空気感染のほか発病した犬の分泌物などを介して感染します。

      ワクチン未接種の仔犬が鼻水をたらしたり、目のまわりが目やにでショボショボしだしたり、熱っぽいなどの症状を見せたら要注意です。

  2. パルボ
    • ウイルス感染症で、発病すると数日で死に至る恐ろしい病気です。
      激しい嘔吐や重度の下痢といった症状がみられます。

  3. 犬伝染性肝炎
    • ウイルスによって起こる肝炎です。
      発症した犬の尿を媒介として他犬に伝染します。

      他犬のオシッコをかぐ仕草をしていたら気を付けましょう。
      食欲不振や黄疸などの症状が見られます。

  4. レストスピラ
    • ネズミの尿から伝染する病原菌の感染によって起こる伝染病です。
      食欲不振や黄疸などの症状が見られるほか、身体に点状や球状の出血を起こすことも。人間にも感染する可能性があります。

cat

フィラリア病予防

心臓に寄生する虫によって起こる病気で、蚊によって媒介されます。
毎月1回薬を飲むことで予防できます。

服用期間は蚊が出始めた頃から蚊がいなくなった次の月までです。
( 4〜5月・11〜12月 )

cat

去勢手術のすすめ

避妊の意味も大きいですが、健康面でも睾丸腫瘍にかかる可能性が完全になくなり、前立腺の肥大や肛門周囲の腫瘍などの発生率が大きく下がるという利点があります。

また、性格や行動面でも攻撃性が低下して穏やかな性格になり、しつけがしやすくなります。

特に決まった手術時期はありませんが、健康面からもできるだけ早めの手術を推奨します。

性成熟に達する前に去勢すれば、性的衝動は発達しません。

cat

不妊手術のすすめ

望まれない妊娠を防ぐことは大切なことです。
また、不妊手術により卵嚢腫瘍や子宮蓄膿症などの卵巣・子宮を基盤とする
疾患を完全に予防できますので、健康を守るうえでも意味があります。

不妊手術は生後6ヶ月以内に行うと、生殖器が未発達で小さく腹腔内の
脂肪組織も少ないのでより簡便かつ安全性の高い手術となります。

最初の発情が来る前に行うと、乳腺腫瘍の予防にもつながります。

fmBtm

画面上へ

Copyright © 2006 - 2017 Shibata Animal Hospital. All Rights Reserved. | animal > preventive.php