診療方針について

柴田動物病院

柴田動物病院 SITEMAP

〒918-8204 福井市南四ツ居1-10-4 Tel. 0776-52-1122


診療方針について診療方針について

fmTop

診療方針・体制


ペット医療は高度化していますが、技術や設備だけでは病気や怪我を治すことはできません。
飼い主さんと一緒になって動物を元気づける心の絆が大切だと私たちは考えます。
人間の心と動物の心がわかる専門家として、私たちは動物医療に取り組んでいます。

Clinic

医師と飼い主さんとのコミュニケーションを大切にして、病気や怪我の治療に取り組みます。

複数の獣医師が在籍し、一つの症例をいろんな目線からディスカッションして診察・治療していきます。

fmBtm
fmTop

手術

Ope

手術中は麻酔監視装置にて、心拍、不整脈の有無・呼吸、状態によっては血圧・尿量が監視されます。

呼吸は人工呼吸器によって管理されます。

入院

入院中の治療および経過と健康管理に必要な事項を、
事前に担当獣医師からご説明いたします。

入院中は動物へのストレスを最小限にとどめることを心掛け、
入院期間の短縮に努めています。

hospital

食欲の有無、排便・尿の状態、体温、心拍数、呼吸など毎日の治療経過を観察します。

入院中に入院当初依頼された以外の疾病が判明した場合は、
適宜治療をすると同時に、速やかにご連絡いたします。

fmBtm
fmTop

検査

血液・尿検査一般、血液の生化学的検査、レントゲン検査、心電図検査、内視鏡検査、超音波検査

※ CT・MRI検査も外部機関との連携により承っています。

検査
fmBtm
fmTop

診療設備・検査機器

内視鏡検査

内視鏡検査

動物の苦痛をやわらげ、安全に検査ができるよう鎮静剤を処方して検査します。

ICU(集中治療室)

ICU(集中治療室)

室内に酸素を送り込み、動物が酸欠状態にならないように配慮しています。

温度・湿度も適正に管理しています。

検便

検便

寄生虫などの検査結果がその場でわかります。

予防注射・ワクチン接種の際にも実施します。
※ 併せて触診・体重測定も行います。

fmBtm

画面上へ

Copyright © 2006 - 2017 Shibata Animal Hospital. All Rights Reserved. | clinic > policy.php