犬の病気予防

狂犬病予防接種

狂犬病は、犬だけでなく咬まれた人にも感染する動物由来感染症(人獣共通感染症)です。感染するとほぼ100%死亡します。発生を防ぐため、毎年の予防接種が法律で義務づけられています。

混合ワクチン

ワクチンを接種してあらかじめ免疫をつけることにより伝染病を予防します。生まれた年は2〜3回、以後は年1回の追加接種を行いましょう。

当院ではジステンパー・パルボ・伝染症肝炎・レプトスピラなどに対応した8種混合ワクチンを推奨しています。

急性熱性のウィルス性疾患で、呼吸器、消化器、神経系などを冒す死亡率の高い病気です。3〜6ヶ月の仔犬に多く見られ、空気感染のほか発病した犬の分泌物などを介して感染します。

ワクチン未接種の仔犬が鼻水をたらしたり、目のまわりが目やにでショボショボしだしたり、熱っぽいなどの症状を見せたら要注意です。

ウイルス感染症で、発病すると数日で死に至る恐ろしい病気です。

激しい嘔吐や重度の下痢といった症状がみられます。

ウイルスによって起こる肝炎です。発症した犬の尿を媒介として他犬に伝染します。

他犬のオシッコをかぐ仕草をしていたら気を付けましょう。

食欲不振や黄疸などの症状が見られます。

ネズミの尿から伝染する病原菌の感染によって起こる伝染病です。

食欲不振や黄疸などの症状が見られるほか、身体に点状や球状の出血を起こすことも。人間にも感染する可能性があります。

犬の病気予防

フィラリア病予防

心臓に寄生する虫によって起こる病気で、蚊によって媒介されます。毎月1回薬を飲むことで予防できます。

服用期間は蚊が出始めた頃から蚊がいなくなった次の月までです。( 4〜5月 / 11〜12月 )

去勢手術のすすめ

避妊の意味も大きいですが、健康面でも睾丸腫瘍にかかる可能性が完全になくなり、前立腺の肥大や肛門周囲の腫瘍などの発生率が大きく下がるという利点があります。また、性格や行動面でも攻撃性が低下して穏やかな性格になり、しつけがしやすくなります。

特に決まった手術時期はありませんが、健康面からもできるだけ早めの手術を推奨します。性成熟に達する前に去勢すれば、性的衝動は発達しません。

不妊手術のすすめ

望まれない妊娠を防ぐことは大切なことです。また、不妊手術により卵嚢腫瘍や子宮蓄膿症などの卵巣・子宮を基盤とする疾患を完全に予防できますので、健康を守るうえでも意味があります。

不妊手術は生後6ヶ月以内に行うと、生殖器が未発達で小さく腹腔内の脂肪組織も少ないのでより簡便かつ安全性の高い手術となります。最初の発情が来る前に行うと、乳腺腫瘍の予防にもつながります。

猫の病気予防

猫の病気予防

ワクチン接種

ワクチン接種によりウイルス性鼻気管炎、猫パルボ、猫白血病などの病気に対する免疫をつけることができます。

生まれた年は生後2ヶ月位から2回の接種、翌年からは年1回の追加接種となります。※ご希望によってはワクチンのオーダーも受け付けています。

ウイルスによる猫の呼吸器の病気です。

涙や目やにが出たり、目が充血することなどの症状のほか、鼻が詰まり、口で息をするといった症状も見られます。

ウイルス性の疾患。

腸に炎症がおき、白血球が無くなって、抵抗力が下がるという怖い病気です。

高熱、食欲不振の後、嘔吐・下痢・が起きて脱水症状を起こします。急な発症の場合は短時間で死亡することもあります。

ウイルス性の疾患で、唾液などの分泌物から感染します。

猫の白血病を引き起こすだけでなく、免疫力を低下させることによって腫瘍、流産、腎臓疾患、血液疾患、口内炎などを引き起こしたり、他の病気の感染を併発します。

他の猫から感染することが多いので、ワクチン接種はもちろん、室内飼育することも感染防止につながります。

猫の病気予防

ノミの予防

ノミが寄生すると激しい痒みがあり、それがもとでノミアレルギー性皮膚炎を起こすこともあります。また、腸に寄生する瓜実条虫もノミが媒介します。

ノミには卵、サナギ、成虫という段階があります。いったん駆除しても潜んでいた卵やサナギがかえると、また寄生を繰り返してしまうため、継続的に予防を行うことをお勧めします。

予防薬には卵・サナギ・成虫のすべての段階に効果があるスポットオン製剤(首筋に垂らす薬剤)が主流です。

室内飼育

屋外は猫にとって危険がいっぱいです。交通事故や迷子などの他、他の猫とのケンカによる怪我や病気の感染(猫白血病や猫エイズなど)の恐れもあります。

予防のためにも室内で飼育することをお勧めします。子猫のときから家の中で育てれば家の中だけをテリトリーと認識するので安全に飼育できます。

不妊・去勢手術のすすめ

望まれずに生まれてくる子猫は不幸な生涯を送ることになりかねません。雄猫も雌猫も生後半年くらいでの不妊・去勢手術をおすすめします。

雌猫は生後半年で発情期を迎え、うるさく鳴いたりまとわりついたりしてきます。雄猫は性成熟するとおしっこをあちこちにかけて回ったり、テリトリー意識から他の猫とのケンカが増えます。

ケンカによる噛み傷は、猫エイズなどの感染症にもつながりますので、避妊・健康の両面から手術をおすすめしています。